院長ブログ

足立(千住)花火大会に行ってきました!

『埼玉県八潮市の歯医者さん、八潮駅前通り歯科医院の院長 金田光正です』

 

こんばんは!

先日7月23日、第38回 足立(千住)花火大会(東京都足立区)の花火大会へ行ってきました。

花火大会の会場は、荒川の河川敷で最寄りの駅は北千住の駅です。北千住駅には、つくばエクスプレス線

で八潮駅から約5分で、北千住駅から歩い15分程度にて河川敷です。

足立花火大会は、以前途中の中断時期もありましたが、約100年の歴史を誇るものだそうです。「足立

の花火」の起源は、明治年間に千住大橋の落成を祝って、花火を打上げたのが始まりだと伝えられていま

す。そして、大正13年8月13日、千住新橋の開通を記念して、「千住の花火大会」という名称で足立

区に登場し、本格的の開催されました。その当時は日本最古の花火大会である「両国の花火」(現在の隅

田川花火大会の前身)と「千住の花火」は、夏の風物詩として多くの人に親しまれていたようです。

 

今回、勤務医の飯野先生と、衛生士学校に通う安間さんと榊田さんと、私(院長)の4人で行ってきま

した。その日の診療後でも、余裕をもっていける身近な花火大会です。前もって購入しておいたピクニッ

クシートを引いて観覧。沢山の人が見物にきますが、結構あちこちにシートを引いて座るスペースがあ

り、そんなに苦労することなく観覧できました!北千住駅でチョットした食べ物を購入して行くといいで

す。てき屋さんで購入するのもこういったイベントの醍醐味ですが、なにせ混んでいるので。。。

約1時間の花火は、殆ど休憩なしの連続打上げ花火です。終わりに近ずく辺りの花火は圧巻でした。鳴り

やまない花火と身体に響く音と振動、鮮やかな色と様々な表現の花火の形。感動の連続でした!花火も終

わり、返り際のてき屋さんで、夏といえばのかき氷を食べた写真です(かき氷の写真が花火に見えます

ね)。また一緒に来年も来たいと思う花火大会でした。

IMG_6243IMG_6245IMG_6244IMG_6246