院長ブログ

歯周外科の練習会を開きました!!

埼玉県八潮市の歯医者さん、八潮駅前通り歯科医院の院長 金田光正です!』

先日12月10日にDR勉強会として、豚骨を使った歯周外科練習会を行いました!

歯周外科治療は、基本治療を行っても改善しない歯周病のケースに行う外科処置です!

外科処置全般の基本治療をしっかりと学び、反復練習をして、そしてやっと患者様へ治療提供ができます!

今回練習会の内容は、比較的基本的な処置の練習です。

先生方へ歯周外科目的を前述し、歯周外科処置の資料を基に練習会の流れを確認しました!

【豚下顎のペリオ練習会】
出席:Dr飯野、Dr大内、Dr下山

日時:12/10(土)19:00〜21:00

※練習会も実際の治療の現場と同じで、治療器具等の準備がとても大切です!

 30分前から練習会の準備を始めます。実際の施術の時も、前日に治療器具の用意をすませておき、
 当日は事前準備しておいた器具を出すのみとなります。
 歯周外科は施術内容により、基本器具80%は同じですが、内容により20%ほど器具と歯科材料が変わります。
 そのためにも、事前準備はとても大切であります。なので治療当日に用意するものではないと思っています。
 練習会も事前準備から、本番の予行練習のようにしていく訳です。
 ただ今回は豚骨の練習会ですので、豚骨の用意を含めて用意します。

練習内容:
❶全層弁フラップ
 マイキュレット使用!
❷骨膜減張切開(❶の続きとして)
❸クラウン・レングス二ング(❶の続きとして)
*実際は歯周組織にアプローチする手技です
が、『補綴治療の為』に順じる手技です!
*クラウンレングス二ングの治療概念と手技
❹部分層弁フラップ
*無歯顎部の顎堤頂付近で部分層弁の練習
*エンベロップ

以上が練習会でした!

今後も先生方スタッフ一同、
歯科医療への研鑽を高めていきたいと思います!!
img_8036

img_8038

img_8039

img_8040