スタッフブログ

ブラキシズムって⁉︎

埼玉県八潮市の歯医者さん、八潮駅前通り歯科医院の、若林美由紀です。

★「ブラキシズム」を知っていますか?

「ブラキシズム」という言葉をお聞きになったことはありますか?聞き慣れない言葉と思いますが…ブラキシズムとは歯科で使われる専門用語で、お口や その周辺の器官にみられる習慣的な癖の一つです。

代表的な、ブラキシズムには「歯ぎしり」や「咬みしめ」があります。

「歯ぎしり」は多くの場合、睡眠中に行っています、ですから自覚することは少なく、周囲の人に知らされて、初めて気付くことがほとんどです。
一方、「咬みしめ」は、日中、夜間にかかわらず、無意識の内に歯を食いしばってしまうものです。

★ブラキシズムがあると⁉︎

歯がすり減る! 歯がしみる!(知覚過敏)
かぶせ物や詰め物がはずれる!
歯が欠けたり、割れる!
歯周病の進行、顎関節症、頭痛や、肩凝りなどの症状が出ます。
歯を失う原因にもなりかねません!

★ブラキシズムから歯を守る方法

⚪︎歯ぎしり、咬みしめの確認をする
⚪︎日常行動を変える
①唇は閉じて、上下の歯は合わせない
通常、安静時は上下の歯は接触せず、
わずかに隙間ができるのが普通です。
②咬みしめている事に気付いたら、すぐに
上下の歯を離す。
③唇や頬、顎など口の周りの力を抜く。
④緊張時、集中時には姿勢を良くし、肩の力
を抜いて深呼吸する。
⑤ストレスをためない
⑥重いものを運んだり、激しい運動をする時
には特に注意する。
⚪︎就寝時は、仰向けに寝る。
⚪︎硬いものはできるだけ食べない。
⚪︎頰杖をつかない。

ブラキシズムは歯を失う原因になる怖い習慣です、ブラキシズムの自覚がある方や、気になる
事がありました、お気軽にご相談下さい。