スタッフブログ

歯周病と喫煙のお話

埼玉県八潮市の歯医者さん

八潮駅前通り歯科医院、歯科助手の小坂です。
今日は歯科衛生士学校で学んでいる歯周病と喫煙の関係についてお話したいと思います。
今現在治療をされている方で喫煙されている方、タバコをやめたくてもやめられない方、タバコを吸っていても特にどこも悪くないし何ともないよ、と思われている方に是非知っていただきたい事です。
【喫煙と口腔の病気】
タバコが健康に悪いことは喫煙されてる皆さんもご存知の事だと思いますが、いつかはやめようと思いながらもなかなかやめられない方が多いですよね。
直接タバコの煙に触れる口の中は被害も大きく、影響は多岐に渡ります。
口腔がん、色素沈着、ニコチン性口内炎、味覚障害、口臭、そして歯周病があります。
歯周病は歯の周りの歯茎やはを支える骨がなどに炎症を起こし、骨が溶けてしまいます。骨が減ってしまうと歯を支える事が出来なくなるので歯を失ってしまいます。
実は、喫煙は歯周病を悪化させる最大の要因で、喫煙される方の歯周病リスクは、毎日20本吸う方で、吸わない方の4倍以上にもなります。

【歯周病を進行させる喫煙】
喫煙される方ではタバコの有害物質が体の免疫力を弱めてしまうので、歯周病がどんどん進行してしまいます。それに歯周病がひどくなっていても血流が悪くなっていて、歯茎が硬くなっているので腫れにくく出血もあまりしないので、ご自身で気がつきにくく発見が遅れます。気がついた時には治療が間に合わず歯が抜けてしまう事も。

【タバコで菌が凶暴化】
最近では、タバコの有害物質に鍛えられ、歯周病菌やむし歯菌が凶暴化するために事もわかってきました。むし歯菌のすみかのプラークはネバネバが強くなり、外の膜が丈夫になってしまい、膜の中でむし歯菌が歯を溶かす酸をどんどん作っていきます。歯周病菌も活発になり、免疫力が下がった状態で菌は暴れだし、重症化し治りにくくなります。

【歯周病治療と禁煙】
歯石を取ったり歯のクリーニングをした時に一緒に禁煙をすると、凶暴だった菌の働きがとたんに穏やかになります。
これは、細菌の細胞は比較的短時間で生まれ変わるので、タバコの影響も早くになくなるのです。

このように歯周病の治療や予防には禁煙する事がとても重要な事だと言えるでしょう。禁煙はご自分の歯をできるだけ多く維持する事に繋がります。

禁煙したいけど…と悩まれている方、歯医者さんは禁煙応援団です。当院で一緒に禁煙頑張ってみませんか?