スタッフブログ

気になる口臭について!

埼玉県八潮市の歯医者さん八潮駅前通り歯科医院坂本です。

今日は、口臭についてお話ししたいと思います。
普段気にはしているけど、なかなか人に相談しずらいですよね?

口臭には、大きく分けると5つに分類されます。
1.生理的口臭
誰にでもあるにおいで、起床直後(起床時口臭)、空腹時(飢餓口臭)、緊張時(緊張時口臭)は特に口臭は強まります。これは唾液の分泌が減少し、細菌が増殖して口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物(VSC)がたくさん作られるためです。しかし、歯みがきで細菌やVSCが減少し、食事をしたり、水分を積極的に補給するようにすることで唾液量が増加すれば急激に口臭は弱まります。したがって生活習慣の改善でよくなり、治療の必要がありません。
また女性の生理・妊娠時などホルモンバランス変化に伴う口臭、乳幼児期、学童期、思春期、成人期、老齢期、それぞれの年代固有の臭気(加齢臭)、民族的な口臭もあります。

2.飲食物・嗜好品による口臭
ニンニク、ネギ、酒、タバコ等による口臭は一時的なもので、時間の経過とともに臭いも無くなりますので治療の必要はありません。
3.病的口臭
鼻やのどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気、糖尿病、肝臓疾患などが原因で口臭が起こる場合もありますが、病的口臭の90%以上は口の中にその原因があり、歯周病、むし歯(う蝕)、歯垢(しこう)「歯の周りに付く細菌の固まり」、歯石、舌苔(ぜったい)「舌の表面に付くコケ状の細菌の固まり」、唾液の減少、義歯(入れ歯)の清掃不良などがあげられます。
病気の原因を治療することで口臭を減らしたり、治すことができますので診断を受けてください。
4.ストレスによる口臭
ストレスにより唾液の量が少なくなると口の中が臭くなります。
5.心理的口臭
自分自身で強い臭いがあると思い込む人がいます。

このように、口臭一つにとっても様々な種類があるんです!
原因が分かったところで、やっぱり口臭予防に欠かせないのが、お口のクリーニングです。
セルフケアとプロフェッショナルケア

《セルフケア》
◯歯ブラシや歯間清掃用具を使ってすみずみまでていねいに磨く。
◯舌ブラシなどで舌苔を除去する。
◯義歯の清掃をする。
◯鏡で口の中を見て異常がないか観察する。
◯十分な睡眠とバランスのよい食生活で規則正しい生活を送る。
◯気持ちにゆとりを持って、リラックスした状態で毎日を過ごす。
◯口臭のセルフチエックを行う。

《プロフェッショナルケア》
◯定期的に歯科健診を受ける。
◯口腔内の状態に合った適切な口腔清掃の指導を受ける。
◯専門的歯面清掃や歯石除去をしてもらう。
◯歯周病やむし歯は早めに治療を受ける。
舌の清掃で口臭予防

口臭が発生する大きな原因となるのが舌苔(ぜったい)です。
舌に白色や淡黄色の苔のようなものがついているのに気づいたことありませんか。
これが舌苔で、死んだ細菌や新陳代謝ではがれた粘膜上皮の細胞、血球成分、食物残渣などからできています。
うがいをするだけでは、舌苔を取り除くことはできません。
清掃のポイントは、起床直後に舌ブラシや軟らかい歯ブラシで磨くこと。
お口の中を清潔に保つ事はとても大切ですね!
当医院でも、定期検診でいらした際にはお口の中をクリーニングさせて頂きますので、お気楽にご相談ください!
スタッフ一同お待ちしてます!