スタッフブログ

歯磨き粉の効果的な使い方と、虫歯予防のフッ素について!!

埼玉県八潮市にあるつくばエクスプレス八潮駅北口から徒歩1分の歯医者さん、八潮駅前通り歯科医院です!

こんにちは、毎日暑い日が続いていますね


皆さんはどんな歯磨き粉を使用していますか?

どのような理由で歯磨き粉選んでいますか?

歯磨き粉の中には様々な薬用成分が含まれています。

お口の状況に合わせて選択していくことが大切です。

例として、虫歯のリスクがある方の場合ですと、フッ化ナトリウムやモノフルオロリン酸ナトリウムなどの通称フッ素と言われているものが配合されているものがおすすめになります。

効果的に歯磨き粉を使用していただくには、いくつか注意していただきたいことがあります。

①年齢に応じた歯磨き粉を歯ブラシにつけていただく。

15歳以上の方で2cm程度です。

②磨く前に歯磨き粉をお口の中全体に広げていただく。

③2〜3分間、歯磨き粉による泡立ちを保つような磨き方をしていただく。

④歯磨きの途中で歯磨き粉を吐き出さないでいただく。

⑤歯磨き粉を吐き出さずに、5〜15mlの水で5秒程度ブクブクうがいを一度だけ行う。

⑥1〜2時間程度はうがいや飲食は控えていただく。

⑦1日に2〜3回この方法でおこなっていただくと効果が高まります。

上記のことに気をつけていただくと、効果的に使用できるといわれています。

なるべく、薬用成分を長くお口の中に残すことが大切になります。

うがいをしっかりした方がスッキリすると思う方もいらっしゃるとおもいます。

普段よりうがいの回数を減らそうと思っていただくことが大切になります。

ぜひよろしかったらやってみてくださいね

そして、歯磨き粉の主成分として虫歯予防に重要な働きをするのがフッ素です!

 

フッ素の効果は大きく分けて3つあります。

1つ目に、歯の質を強くします。

2つ目に、歯の表面を溶けにくくします。

3つ目に、お口の中の酸性の状態を中性に戻しやすくします。

 

何か食べ物を食べるとお口の中は通常中性ですが、酸性に傾きます。酸性の時間が長いほど歯の表面は溶け、虫歯になりやすいのです。

つまりフッ素を塗ることで、虫歯予防になると、いうことです。

 

 

フッ素を塗ったあとには守ってほしい注意事項があります。

①フッ素をなるべく長くお口の中に留めておくために、30分はご飲食やうがいは避けていただくこと。

②溜まった唾液はだしていただくこと。

また飲み込んでしまっても身体に害のある量ではないので、安心してください。

③フッ素を、塗ったからといって虫歯に絶対にならないわけではなく、毎日の歯ブラシが1番大切です。

歯ブラシをきちんと行いましょう。

④定期的にフッ素を塗っていただいた方が虫歯の予防に効果的です。

上記のことを守っていただけるとフッ素を、効果的に使用できると思います。

 

どんな歯磨き粉を選んだら良いのかわからない方やもっと詳しく知りたい方は、当院のスタッフに聞いてください。

 

最後になりますが、暑い日がまだまだ続きますが、お体に気をつけてお過ごしください。