スタッフブログ

歯と歯の間を磨いてますか?

埼玉県八潮市の歯医者さん、八潮駅前通り歯科医院の歯科衛生士の関根です。

暑い日が続いていますが体調をくずしていたりはしていませんか?

今日は歯と歯の間を磨くための清掃用具についてお話したいと思います。

皆さんは歯と歯の間を歯ブラシ以外のアイテム使って磨いてますか?歯と歯の間は、歯ブラシの毛先が届きにくいためプラーク(歯垢)が残りやすく、虫歯や歯周病が発生しやすい場所です。歯ブラシ だけでは60%程度しか取り除くことができませんが、歯ブラシと併せて歯間清掃用具を使うと90%近くのプラークを取り除くことができます。毎日のお手入れに歯と歯の間のお手入れも取り入れましょう。

歯間清掃用具には大きく分けて歯間ブラシとデンタルフロスフロスがあります。

はじめに歯間ブラシについてご紹介します。

歯間ブラシは歯茎が下がってできた隙間を磨くブラシです。形はL字型、直線型のものがあります。材質もナイロン製、ゴム製のものがあります。隙間の大きさに併せてサイズも様々です。必ず隙間にあったサイズのものを使用してください。狭い隙間に大きい歯間ブラシを使用すると歯茎が下がる原因になってしまいます。また隙間に対して小さいものですと歯垢除去率が下がりあまり効果が得られないことがあります。御自身のサイズが分からないときは歯科医師、歯科衛生士にお気軽にお尋ねください。

使用する際のポイントは

  1. 鏡を見ながら使用する
  2. 歯茎を傷つけないように歯間ブラシをゆっくりと歯と歯の間に入れる
  3. 歯茎ではなく左右の歯の表面に沿って当たるように動かす

歯間ブラシを使ってみて入らなかったり、抵抗感がある場合には、デンタルフロスを使用するようにしましょう。

次にデンタルフロスです。

 

デンタルフロスとは、歯間ブラシが入らない、歯と歯の間のすき間が狭い方が使用するのに適しています。

デンタルフロスは大きく分けて指で巻いて使う糸巻きタイプとホルダー付きのタイプがあります。糸巻きタイプは必要な長さを使用でき経済的ですが、初めての方は操作が難しいことが多いので初めての方はホルダー付きをおすすめします。

使い方は

  1. 鏡で確認しながら歯と歯の間にデンタルフロスの糸を当てます
  2. ゆっくりと小さくノコギリを引くようにしながら入れます。
  3. 中まで入ったら歯の面に沿わせて上下に動かしながらプラークを取り除きます。

糸巻きタイプは両手の中指に30cmほど巻き付け15cmくらいの長さにしてピンと張り、両手の人差し指を糸に添えながら動かしてください。

歯間清掃用具は初めは難しくなかなか続けるのが大変かもしれませんが、歯ブラシだけで磨くのとは予防効果が全く違います。ぜひ毎日のお手入れに取り入れましょう。

詳しい使い方はスタッフにお気軽にお尋ねください。